FC2ブログ
<?php include_once("analyticstracking.php") ?>
レオパレスに実際に住んでみた感想を書いています。
2018/08/04(土)19:25
【エアコンが3時間で切れる】
先日、下記のような記事がネット上に流れました。

「レオパレス21のエアコンが“3時間”で停止…問い合わせ殺到し対応中、なぜこんな仕様に?」

記事を要約すると、
猛暑が続く今年、夜中にエアコンが自動で止まってしまうことに対してレオパレスへの苦情が殺到し、レオパレスが対応に乗り出した。
とあります。

【エアコンの3時間タイマーは解除できる?】
実は、レオパレスのエアコンが3時間程度で自動的に切れるのは有名な話です。
このブログでも、下記の記事で紹介しています。

●悪評検証3【エアコンが途中で突然切れる】

先ほどの記事によると、002年1月~2015年3月に設置した39万6602戸に対して、エアコンに3時間でエアコンが切れるような設定が施されているとのことです。
実際、私が住んでいてたレオパレスでも、3時間でエアコンが切れました。
ただ、当時は真夏でも窓を開けて寝れば、なんとか寝られましたので、特に気になりませんでした。

でも、今年のように毎日暑い日が続くと、エアコンが夜中に切れることは、命にもかかわりかねません。

記事によると入居者自身が設定を変更できる物件もあるようです。
ただし、実際にリモコンやエアコン本体を交換しないと改善できない場合もあるとのことです。

現在、レオパレスに住んでいる方で、エアコンの3時間タイマーの解除方法については、下記のレオパレスのQ&Aコーナーで紹介されています。
エアコン3時間タイマーの解除方法

【エアコンの3時間タイマーの解除方法】
上記のサイトに掲載されたきじによると、エアコンによって解除方法が異なります。

●シャープ製以外のエアコンの場合
 レオパレスに連絡して汎用リモコンに交換してもらう

●シャープ製のエアコンで下記の型番に該当する場合
  AC-2203C、AC-2204C
  AC-2205C  
  AC-2206C、AC-2506C  
 設定変更方法が掲載されています。

●シャープ製のエアコンで上記の型番に該当しない場合
 レオパレスに問い合わせ

設定変更方法の公開画像
シャープ製エアコンのタイマー解除方法1
<クリックで拡大>
シャープ製エアコンのタイマー解除方法2
<クリックで拡大>

【3時間タイマーのメリット・デメリット】

今まで、エアコンの3時間制限で不便な思いをされてきた住人にとっては、ようやくその呪縛から解放される時が来たと言えます。
もっとも、中には3時間タイマーを残して欲しいという強者もいるような気がします。

例えば、朝出かけるときにエアコンを切り忘れて出かけて、その月の電気代が大幅に上がってしまったというような経験がある方にはむしろありがたい機能かもしれません。

猛暑とはいっても、夜は涼しく過ごせるような地域に住んでいる方にとっても、同じかと思います。

この機能は、冷房に限らず、暖房についても同じですが、暖房の場合、夜切れてしまっても、電気毛布や羽毛布団を使っていれば、特に寒くなることはないので、それほど大きな問題にはならないでしょう。

私も、暖房を夜中じゅうかけたことはありませんでした。

まあ、賃貸側が強制的にエアコンにタイマーを仕掛けるのもどうかとは思いますが、安全性や省エネを考えた結果かと思います。
ようやくこれでレオパレスもさらに住みやすくなってくるでしょう。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://leopalacer.blog25.fc2.com/tb.php/62-e1267c10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ランキング

ランキング応援お願いします。 にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

レオパレサー

Author:レオパレサー
レオパレスの評判検証サイトへようこそ!
私が1年間住んだレオパレスについてネットの評判と反する点を見つけましたのでその点について書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

 | レオパレス評判検証<レオパレスも悪くない>TOPへ | 
Copyright © レオパレス評判検証<レオパレスも悪くない> All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」